パイオニア S-A4Ⅱ-LR

パイオニア S-A4Ⅱ-LR 93000円ペア

振動板の素材をケブラー繊維で統一していることもあり、各帯域の音の繋がりが良ようだ。
F先生は抜けの良さをこのスピーカーの特徴として指摘されているが、これはユニット間の音かぶりをうまく押さえ込んでいるからであろう。
サラウンドシステムに組み込まれた製品であるため、スーパーウーファーの使用を前提とした音作りがなされているようである。

I先生の評価:ユニット間の音のつながりがよい。 高域はきつさがなく全体的に暖色系の音色。 このサイズとしてはオケのスケール感も充分出ている。

F先生の評価:ヌケの良いスピーカーで、サラウンドを前提とした音作りが特徴。 センタースピーカーの使用を前提として、中央の音像定位はあまり絞らない設計のようで、低域は良質だが、力感や厚みはスーパーウーファーとの併用で更に良くなる音作り。

パイオニア S-A4Ⅱ-LRの特徴
ミッドレンジとツィーターを一体化したコアキシャルユニットとウーファーを組み合わせた3WAYで、ケブラー繊維コーンで統一されている。 ウーファーが低域から420Hzまで、ミッドが420~3200Hz、ツィーターが3200Hz~50KHzまでとワイドレンジの仕様となっている。
ユニットをコアキシャル化することによりバフルを小型化でき、点音源に近づける事による定位の改善を図っている。
18*143ミリのフロントスリットタイプのバスレフポートのため、後方壁に近づけるセッティングも可能としている。
バイワイヤリング対応

パイオニア S-A4Ⅱ-LRの仕様
型式            バスレフ・ブックシェルフ型
ユニット          W:16cm S:13cm T:3cm
許容入力          160W
出力音圧レベル       88dB/W(m)
再生周波数帯域 40~50KHz
クロスオーバー周波数 420/3200Hz
公称インピーダンス 6Ω
大きさ           230w*427h*298d
重さ            15kg

マル秘無料レポート
「絶対失敗しない単品スピーカー購入の鉄則」



お名前(苗字のみ必須)

メールアドレス(必須)




●「108万円の音をGetする」メルマガに同時登録されます。レポートの詳細はこちら



マル秘無料レポート
「本当のオーディオマニアだけが知っている
奇跡の名録音10枚+特典レポート付き」



お名前(苗字のみ必須)

メールアドレス(必須)




●「108万円の音をGetする」メルマガに同時登録されます。レポートの詳細はこちら


マル秘無料レポート
本当のオーディオ好きの10人が自腹で市民ホールを丸一日借りきって、100万円超の高級セパレートアンプと3万円のプリメインアンプをブラインド比較するという恐ろしすぎる実験レポート

お名前(苗字のみ必須)

メールアドレス(必須)






●yahooとGmailのフリーアドレスに届かないケースが多数報告されています。
プロバイダーのアドレスでご登録願います。

●「108万円の音をGetする」メルマガに同時登録されます。